このサイトでは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。引き続き閲覧される場合は、当サイトでのCookie使用に同意いただいたことになります。 承諾する

セラピストと歩く 曽根次郎坂太郎坂

セラピストと歩く 八鬼山越え

セラピストと歩く 馬越峠・天狗倉山

熊野古道 曽根次郎坂・太郎坂(尾鷲市側登り口)

尾鷲市から熊野市へと抜ける峠道です。曽根の貴重な史跡を巡るほか、古道では美しい石畳や猪垣などに出会えます。

熊野古道 通り峠(登り口)

風伝峠麓の後地で本宮道と分かれ、吉野方面へ北上する北山道の一部。峠の東には展望台があり、「日本の棚田百選」に選ばれた「丸山千枚田」を一望できます。

熊野古道 曽根次郎坂・太郎坂(熊野市側登り口)

尾鷲市から熊野市へと抜ける峠道です。曽根の貴重な史跡を巡るほか、古道では美しい石畳や猪垣などに出会えます。

熊野古道 通り峠(千枚田・通り峠入り口バス停)

風伝峠麓の後地で本宮道と分かれ、吉野方面へ北上する北山道の一部。峠の東には展望台があり、「日本の棚田百選」に選ばれた「丸山千枚田」を一望できます。

熊野古道 二木島峠/逢神坂峠(新鹿町側登り口)

ほぼ全区間にわたり苔むした端正な石畳が通じています。「逢神」という名前の由来には、伊勢と熊野の神が出会う場所という説や、かつては狼が出没したことによる説があります。

便石山(びんしやま)(象の背)(登り口)

山頂付近の巨岩は象の背中のように大きいことから『象の背』と呼ばれ、銚子川や熊野灘が一望できる撮影スポットとして有名です。馬越峠側と「キャンプinn海山」側から登る2つのルートがあります。

熊野古道 二木島峠/逢神坂峠(二木島町側登り口)

ほぼ全区間にわたり苔むした端正な石畳が通じています。「逢神」という名前の由来には、伊勢と熊野の神が出会う場所という説や、かつては狼が出没したことによる説があります。